LOHASな世田谷的中古マンション獲得法

これからLOHASな世田谷ライフをとお考えであるなら、このさいごいっしょに「中古マンション」ライフを真摯に考えてみてはいかがでしょう。このBLOGではこのようなコンセプトからを基礎において世田谷区内で中古マンションを獲得するまでの方法を出来る限り、解りやすく簡素に説明しアップロードして行こうと思っております。

東西の住みたい町(2008年当時の記事)

8d0c028a

住んでみたい街は関東では世田谷(区)、関西では芦屋(市)と思います。

詳細は芦屋マンションスタイル(工事中ですが)を参照ください。

東西間の転勤などでは、教育や環境など住みやすさの特徴が似たところですよ。

 保育所空きがありません

62f92f12-s
世田谷区内だけでなく都内23区内でも保育所に空きがなく、認証保育所、保育ママなど官民ともに不足です。3月の抽選に備え年内には新居が望ましいのでは?

希望されるマンションの近くの保育所があるか、空きがあるか?新年度募集要項は区役所で入手できます。

マンション市況、来年にも値ごろ感戻る(2008年時点)

日本経済新聞3月23日掲載の「そこが知りたい」欄で、2007年の1年間で新築の分譲価格が15-20%上昇した。
これに買い手の所得の伸びが追いつかず、株安などの心理的要因が加わって市場が冷え込んだ・・、中略・・・しかし、すでに郊外や都心の一部地域で始まっている値引き販売が首都圏全体に広がり、2008年後半には価格調整が本格化する。・・とのことでした。

物価統制令の復活は不要ですが、このようなミニバブルの制御ができなかったのでしょうか。日銀総裁が悪かったのか?国に良い人材がいないのか?情けないですね。

↑このページのトップヘ